「ゲンバノアンゼン」は工場の最前線で働くわたしとよりよい生産現場のために「安全」や「生産性」について学ぶブログです。

ゲンバノアンゼン

月別アーカイブ:2019年04月

状況認識と意思決定

ヒューマンエラー 労働安全

ノンテクニカルスキルとは?生産現場で必要な3つの状況認識と4つの意思決定方法を解説

お悩み社員 ヒューマンエラーを低減したいけど、どんな能力を伸ばせばよいのだろうか? 生産現場における作業者や管理者は、リスクのある状況に向き合う時にどんなステップを踏めば抜けなく対処できるだろうか? そう考える方も多いかと思います。 この記事では、生産現場の最前線で管理者をつとめるわたしが、ノンテクニカルスキルについて解説していきます。 この記事の内容 ・ノンテクニカルスキルにおける「状況認識」と「意思決定」能力の概要がわかる ・意思決定の4つのモデルの特長(利点と欠点)がわかる ノンテクニカルスキルとは ...

機械学習

未分類 生産性・仕事術

機械学習とは?生産現場の効率化につながる11の解析方法を解説

お悩み社員 生産現場に機械学習(AI、ビッグデータ活用)というキーワードがあふれ出したけど、何ができるかわからない 実際に専門家に機械学習によるデータ解析を依頼したけど、知らない単語が多すぎて何を言っているかわからない と実際に生産現場でデータ解析窓口になる方や、専門家のヒアリングを受ける方で困惑している方も多いかと思います。 そんな方へ答える形でこの記事を書いていきます。 この記事の内容 ・機械学習の定義、何に役立つかがわかる ・機械学習による解析手法の考え方がわかる 細かい計算手法というよりは、考え方 ...

4M

プロセス安全 リスク評価

4M5E分析とは?事故の原因調査や危険予知にも使える要因整理方法を解説!

お悩み社員 事故・トラブル発生時の原因を網羅的に整理したいけど、箇条書きで羅列していっても抜け・漏れが出そうで怖い。何かいい整理方法はないかな? 初めての現場作業をおこなうので、事前に危険予知をしたいけれど、KYを幅広い視点で実施するために何かいい整理方法はないかな? と時間を効率的に使いたいと考えている方は多いと思います。 そんな方へ答える形でこの記事を書いていきます。 この記事の内容 ・4M分析の要素がわかる ・4M分析の使い方がわかる 非常に簡単ながら、網羅的に整理する考え方の型として活用できますの ...

What-If解析

プロセス安全 リスク評価

What-If解析とは?簡易的かつ効率的にリスク評価する方法を解説

お悩み社員 ・生産現場のリスク評価をしたいけど、簡単に実施する方法はないかな? ・What-If解析って単純そうにみえるけど、実際に正しくやろうとするとどうなんだろう? そんな疑問に答えます。 この記事を書いているわたしは生産現場で10年以上の経験があります。 その経験の中でも非常にシンプルな考え方であり、オペレーターから設計者、保全担当までさまざまな専門家が幅広く使っていけるツールだと考えています。 この記事の内容 ・What-If解析のやり方がわかる。 ・より網羅的に考えるためのガイドワードがわかる。 ...

報連相のコツと型

生産性・仕事術

【保存版】報連相の方法は?報告・連絡・相談の型とコツを紹介【すぐ使える】

お悩み部下 上司に報告するたび、質問責めにあってしまったりしてうまくいかないな。 報告するとき、気づいたら長くなり限られた時間を超えてしまったな。 ・部下がうまく報連相できない原因を具体的にアドバイスしたいんだけど、難しいな。 ・部下や関係者にもっと自立的に行動してもらいたいのに、うまくいかない。どうしたらいいのだろうか。 お悩み社員 そんな悩みに応えます。 この記事の内容 ・部下も上司も気を付けるべき報告・連絡・相談のポイントがわかる ・具体的な型がわかる(5W2H、 ・報連相を通じて信頼を獲得するため ...

HAZOPとは?

プロセス安全 リスク評価

HAZOPとは?定量的なリスク評価手法・手順を解説!【22のガイドワード付】

お悩み社員 ・HAZOPって聞いたことはあるけど、いつ何に使っていいかよくわかりません。 ・定量的なリスク評価といっても、網羅的に正しく評価できるか心配です。 そんな考えをお持ちの方も多いと思います。 この記事では、そんな疑問に対する解説をしていきます。 この記事の内容 ・HAZOPの歴史、概要と基本的な解析手順が確認できる ・HAZOPを化学プラントで実際に行う時の具体的キーワードを確認できる この記事を書いているわたしは、化学プラントにおけるHAZOPによるリスク評価の経験者です。 専門性に関しては大 ...

リスクとは?

プロセス安全 リスク評価

ALARPとは?生産現場が保有するリスク対応の原則

お悩み社員 ・生産現場のリスクについて、原則を確認しておきたい ・危ないと提案されたものをすべて対策しようとするのは無理だし、どう伝えていいかわからない そんな方もいらっしゃるかと思います。 そんな方々へ向けて「リスク」について解説いたします。 リスクとは? リスクの定義は以下の通りです。 リスクの定義 リスク=損害の大きさ×発生確率 しかしリスクについては、場面に応じて、具体的に定義してあげる必要があります。 リスクの許容限度 リスクの許容限度とは、その名の通り許容可能なリスクの限界値のことです。 安全 ...

トラブル事例の共通点

ヒューマンエラー

ヒューマンエラー発生原因の6つの共通点。近年の事故事例から得られるもの【14事例】

近年のヒューマンエラーによる事故事例の中で、共通点が認められます。 いくつかの事例から得られるものをまとめていますので、ぜひ学びの一助となればと考えます。 ①レガシー(古い)システム 2005年4月:福知山線脱線事故 直接原因は速度超過であり、安全装置が旧型であることも間接原因のひとつであった。 2007年:年金記録の大量の不備 年金記録が消え、社会問題化した事例。数十年前のデータ入力や管理面の不備が、年金受給時期が近づくとともに表面化したものです。 ②正しく伝わらない意図や情報 2005年10月:JR東 ...

ハインリッヒの法則

ヒューマンエラー

ハインリッヒの法則とは?労働災害を防ぐための重要な2つの理論とヒヤリハットのポイントを解説

お悩み社員 ・ヒヤリハット活動の重要性を社内で共有したいので、理論を深く知りたいな ・ハインリッヒの法則なら知ってるけど、ハインリッヒは他にどんなことを提唱したのかな? ・ヒヤリハット活動を活性化するにはどうしたらいいのかな? そう考える方もいらっしゃると思います。 本記事ではそのお悩みに応えるかたちで、労働災害防止に関する理論とヒヤリハット活動のコツを解説していきます。 ハインリッヒの法則(労働災害理論)とは? 米国のハインリッヒは、1931年に「労働災害理論」において労働災害の重大性ごとに分類し、ハイ ...

なぜなぜ分析

プロセス安全 リスク評価

なぜなぜ分析とは?事故トラブルの真因をつかむための6つのコツとポイント

現場で起こるトラブルの真因解析として重用される、なぜなぜ分析についてまとめました。 お悩み社員 ・トラブル発生時のなぜなぜ分析が難しく多大な時間がかかるので、苦痛でしかたがない ・なぜなぜ分析をやっても深掘りがうまくできなくて、原因がうまく整理できないな そのように考える方も多いかと思います。 本記事ではそんな悩みに応えるために、なぜなぜ分析のコツとポイントを具体的に解説していきます。 この記事の内容 ・事故・トラブルにおいて対策すべき真因をダブりなく効率的に摘出するコツがわかる ・事故・トラブルの真因を ...

指差し呼称

ヒューマンエラー

指差し呼称とは?労働災害防止の手段の解説と4つのポイント

お悩み社員 ・指差し呼称がなぜ必要なのかうまく説明できないな。 ・指差し呼称のひとつひとつの行動にどんな意味があるのだろうか? こんな方も多いかと思います。 本記事ではそんな方へ向けて指差し呼称の目的と効果、実践方法を解説していきます。 「自分の身は自分で守る」を実践するための必須ツールとしてぜひ使いこなせる職場をつくっていきましょう。 指差し呼称とは?概要と目的 労働災害の発生は人のエラー、特に「うっかり」「ぼんやり」「勘違い」が主原因であるといわれています。 無意識のうちに行動してしまって発生するヒュ ...

5S活動

安全文化

3S、5S活動とは?現場活性化のための基本行動を解説【改善事例付き】

お悩み社員 ・3S活動や5S活動ってよく聞くけど、実態としては定着していないな。 ・現場の改善を図るためには、具体的にまず何の活動から始めていったらいいのかな。 そう考える方も多いかと思います。 今回はその疑問に答えるために、3S活動、5S活動の基本をおさらいしたのち、具体的な対応事例について解説していきたいと思います。 3S活動、5S活動とは? 3S活動とは、Seiri(整理)、Seiton(整頓)、Seisou(清掃)であり、安全活動の基本です。 ここにSeiketsu(清潔)、Shituke(躾け) ...

Copyright© ゲンバノアンゼン , 2019 All Rights Reserved.